千葉市若葉区でインプラント実績ナンバーワン

インプラント10年保守付き1本98,000円

SIMPLANT シンプラントって何ですか?

シンプラント SIMPLANT

最近ではインプラントの術前診査にCTを撮影することが多くなりました(人によっては必須と言う方もいます)。

必須と言わないまでも、コンビームCTの3D画像があれば顎の形が立体的に一目瞭然でわかりますし、以前はインプラントのサイズ決定を スケールを持ち出してパノラマ画像に 沿わせて見ていたのも ここは長さ何ミリ、太さ何ミリと 画像上に出てきますので 治療計画の作成がとても楽になりました。

歯が1本とか2本しか抜けてない人はこれでも十分なのですが、 多数の歯が抜けている方には 治療計画立案用及び手術用ガイド作成のソフトを使っています。

それがシンプラント SIMPLANT です。

歯科治療で口の中に入っている金属がアーチファクトといってCT レントゲンの診断の妨げになるのですがそれも取り除いてくれますし、何と言ってもピンスポットでここに この直径、長さのインプラントを入れれば 大丈夫!という手術用のガイドを作ってもらえるので 安心してインプラントすることができます。

シンプラント SIMPLANT とは、シンプルにインプラントできるつまり安全、安心してオペ時間も短くインプラントできる 支援ツールです。

以下に実際の患者さんのCT写真をシンプラントのソフトで処理した画像を示します。
これを見ると患者さんの顎を正面、真横、真上から見たレントゲン画像だけでなく、
立体的な3D画像もパッとわかりやすく見ることができます。
また、顎の中の神経の位置も色づけしてすぐわかるようにできるので治療計画を立てやすいです。

CT写真をシンプラントのソフトで処理した画像

ページの上へ